弁護士費用 刑事事件

弁護士費用で不明点があれば
お気軽にご質問ください

内訳と支払いタイミング

弁護士費用の内訳は【相談料】、【着手金】、【事務手数料】、【報酬金】です。その他出張日当、手数料及び実費等が必要な場合もあります。

弁護士費用の内訳
+実費(裁判所に支払う印紙代など)が発生する場合があります
弁護士費用の内訳
+実費(裁判所に支払う印紙代など)が発生する場合があります

相談料

弁護士への法律相談の費用で、相談後にお支払いいただきます。

着手金

案件に取り組むための初期費用で、案件を依頼した際(契約が締結した際)にお支払いいただきます。

事務手数料

書類作成や手続きなどの事務的な作業に関連する費用で、案件を依頼した際(契約が締結した際)にお支払いいただきます。

報酬金

実際の業務や代理活動における報酬で、案件が解決した場合にお支払いいただきます。

費用体系について

弁護士費用は、案件によって異なる場合があります。

裁判になる前のご依頼の場合

弁護費用

弁護士費用例

弁護士費用は以下の通りです。

罪を認めている場合

不起訴になった場合

1,028,500円〜

( 相談料 0 + 着手金 330,000 + 事務手数料 38,500 +報酬金 660,000)

罪を認めていない場合

不起訴になった場合

1,468,500円〜

( 相談料 0 + 着手金 550,000 + 事務手数料 38,500 +報酬金 880,000 )

※上記金額に加え、実費等が発生する場合がございます

※接見を必要とする場合は、別途「接見費用」が発生する場合があります。

罪を認めている場合
費用内容 金額(税込) 備考
相談料 0 相談時間が60分を超えた場合は、30分につき5500円をいただきます。(継続相談については弁護士にお尋ねください。案件によって、継続相談の可否や費用などが異なります)
着手金 330,000〜
事務手数料 38,500
報酬金
勾留請求却下・勾留延長阻止 330,000〜
不起訴 660,000〜
罪を認めていない場合
費用内容 金額(税込) 備考
相談料 0 相談時間が60分を超えた場合は、30分につき5500円をいただきます。(継続相談については弁護士にお尋ねください。案件によって、継続相談の可否や費用などが異なります)
着手金 550,000〜
事務手数料 38,500
報酬金
勾留請求却下・勾留延長阻止 550,000〜
不起訴 880,000〜

接見費用help逮捕されている被疑者と弁護士が面会を行います。今後の方針などを決める上で、とても重要な機会となります。

費用内容 金額(税込) 備考
依頼者側からの接見要請 33,000〜 差し入れの要請も含みます
弁護士自らの接見 0

裁判になった後の依頼の場合

弁護費用

弁護士費用例

弁護士費用は以下の通りです。

罪を認めている場合

減刑となった場合

698,500円〜

( 相談料 0 + 着手金 330,000 + 事務手数料 38,500 + 報酬金 330,000 )

罪を認めていない場合

無罪となった場合

1,688,500円〜

( 相談料 0 + 着手金 550,000 + 事務手数料 38,500 +報酬金 1,100,000 )

裁判員裁判の場合

無罪となった場合

3,338,500円〜

( 相談料 0 + 着手金 1,100,000 + 事務手数料 38,500 +報酬金 2,200,000 )

※上記金額に加え、実費等が発生する場合がございます

※接見を必要とする場合は、別途「接見費用」が発生する場合があります。

罪を認めている場合
費用内容 金額(税込) 備考
相談料 0 相談時間が60分を超えた場合は、30分につき5500円をいただきます。(継続相談については弁護士にお尋ねください。案件によって、継続相談の可否や費用などが異なります)
着手金 330,000〜
事務手数料 38,500
報酬金
執行猶予 440,000〜
減刑(求刑の8割以下) 330,000〜
罪を認めていない場合
費用内容 金額(税込) 備考
相談料 0 相談時間が60分を超えた場合は、30分につき5500円をいただきます。(継続相談については弁護士にお尋ねください。案件によって、継続相談の可否や費用などが異なります)
着手金 550,000〜
事務手数料 38,500
報酬金
無罪 1,100,000〜
執行猶予 550,000〜
減刑(求刑の8割以下) 440,000〜
裁判員裁判の場合
費用内容 金額(税込) 備考
相談料 0 相談時間が60分を超えた場合は、30分につき5500円をいただきます。(継続相談については弁護士にお尋ねください。案件によって、継続相談の可否や費用などが異なります)
着手金 1,100,000〜
事務手数料 38,500
報酬金
無罪 2,200,000〜
執行猶予 1,100,000〜
減刑(求刑の8割以下) 880,000〜

保釈請求

弁護士費用例

保釈を達成した場合の弁護士費用は以下の通りです。

220,000円〜

( 着手金 110,000 + 報酬金 110,000 )

※上記金額に加え、実費等が発生する場合がございます

費用内容 金額(税込) 備考
着手金 110,000 3回まで、4回目以降は別途費用が発生します。
報酬金 110,000

接見費用help逮捕されている被疑者と弁護士が面会を行います。今後の方針などを決める上で、とても重要な機会となります。

費用内容 金額(税込) 備考
依頼者側からの接見要請 33,000〜 差し入れの要請も含みます
弁護士自らの接見 0

支払い方法について

お支払いは銀行振込とクレジットカードから選択いただけます。

銀行振込

振込手数料は、お客様のご負担となります。

クレジットカード払い

VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナーズクラブ、ディスカバー

注意事項

  1. 上記は基本的な費用体系ですが、案件によって異なる場合があります。
  2. 具体的な案件に関する費用については、ご相談時に詳しく説明いたします。
  3. 相談料、着手金、事務手数料、報酬金以外に、裁判所への実費(印紙代など)が必要な場合があります。
  4. その他、ご相談の内容によっては、別の弁護士費用をご案内することがあります。
  5. 弁護士費用等については、消費税込みの金額を表示しています。ご依頼の終了までに税法の改正により消費税等の税率が変動した場合は、変動後の税率により計算します

少しでもお悩みでしたら、
弁護士にご相談ください。

相談無料初回60分